フランス語で「美しい」

フランス語で「美しい」は、何という単語か

フランス語で「美しい」という言葉、これは、「Beau(ボー)」もしくは、「Belle(ベル)」という言葉があります。

英語の「Beautiful」の語源となっていることは間違いのない言語ですよね。

そもそもラテン語からフランス語やスペイン語、イタリア語ができ、最終的に英語ができているので、フランス語などの方が英語よりも先にできている言語です。

基本的には、形容詞である「美しい」のみを指します。

フランス語「美しい」、どうやって発音すればよいのか

なぜフランス語には「Beau(ボー)」と「Belle(ベル)」という言い方があるのかと言うと、それぞれの名詞につく形容詞、これも、男性形容詞と女性形容詞があるということは、ラテン語系の言語、イタリア語やスペイン語、それにポルトガル語でも同じことが言え、フランス語でもそうなのです。

では、「Beau(ボー)」の発音ですが、「ボー」と言いますが、出来るだけ口をすぼめてそれを発音することで本格的な音に近づきます。

「Belle(ベル)」は、「ベール」と発音しますが、舌を巻かない程度に舌を巻き、「ル」と、発音するのが本場っぽいです。

どちらも日本人に簡単に発音できる単語ですので、安心してください。

belleとbeauの使い方

belleは女性名詞、beauは男性名詞につくのですが、どのように表現するのかと言うと、「maison belle」(美しい家)、「beau temps」(良い天気)などと使います。

基本的に、形容詞は後に来るのですが、「beau temps」のように形容詞が前に来る場合もあり、これは、フランス語をやっていけば、感覚で覚えられるものです。

前や後ろに持ってくると変だと感じるんですね。

ですので、最初はそこまで意識することはありません。